22/06/25 【コミケ100特設ページ】

【電子書籍】まやかしの優しい宇宙。『銀河の目はあおいろ』

あらすじ

「このままの私じゃ いけないから」
年上の幼馴染、銀河のもとへ通う星花。

青色の目をもって生まれた銀河は、自傷を繰り返していた。
幼いゆえに解決手段を持てない星花は、銀河を体で慰め続ける。
薄暗い部屋で、銀河に抱かれながら、星花は密かに願う。
(どうか、すこしだけでも。白い中指を包む、せまい宇宙に奇跡が起こって。

 ──銀河の傷が薄まればいい。)
繰り替えす日々の苦しみ、まやかしの優しい宇宙。

登場人物

銀河(ぎんが)

生まれつき、青色の目をしている。

星花の近所に住む、年上の幼なじみ。

在宅勤務。自傷癖がある。

星花(せいか)

金髪の女子高生。

学校をサボって、銀河の部屋に通う。

「ハナ」は愛称。

Twitterで試し読み公開中!

作品情報

  • タイトル
    銀河の目はあおいろ(ぎんがのめはあおいろ)
  • 番外編タイトル
    おやすみデウスエクスマキナ
  • 発行日
    2017年01月15日
  • 初出イベント
    Girls Love Festival19
  • 発行サークル
    emo(えも)
  • 著者名
    玉置ロコ(たまきろこ)

取扱ストア

紙の本『エモノガタリ』に収録

特長

本作のほかに、6冊分のお話が含まれています。
184Pの大ボリューム。
どっぷり浸かりたい方に、おすすめ。

電子書籍『銀河の目はあおいろ』

配信先ストア一覧
※ストアにより、提供価格が異なる場合がございます。

特長

『銀河の目はあおいろ』
『おやすみデウスエクスマキナ』
2本のみを収録した、単話版。
好きなお話だけ読みたい方に、おすすめ。

中身は同じです

紙版・電子版で、お話の内容は、変わりません。
重複購入に、ご注意ください。

おわりに

本記事をご覧いただき、ありがとうございました。